茅ヶ崎市の糖尿病専門医、総合内科専門医、甲状腺、高血圧、高脂血症

高脂血症、脂質異常症

  • HOME »
  • 高脂血症、脂質異常症

高脂血症、脂質異常症とは

高脂血症とは、血液の中のコレステロール、中性脂肪が多すぎる病気のことです。

コレステロールの中には

  • 悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)
  • 善玉コレステロール(HDL-コレステロール)

があります。

悪玉コレステロールが多いのも良くないのですが、善玉コレステロールが低いのも良くないのです。

そこで、2007年度版動脈硬化性疾患予防ガイドラインでは、高脂血症ではなく、脂質異常症と名称が変更されました。

つまり、脂質異常症とは

  • 悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪が多い
  • 善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が少ない

ことです。

高脂血症、脂質異常症の診断

以下のうちいずれか一つを満たすときに、高脂血症、脂質異常症と診断します。

高脂血症、脂質異常症の診断基準
LDL-コレステロール(悪玉コレステロール) 140mg/dl以上
HDL-コレステロール(善玉コレステロール) 40mg/dl未満
中性脂肪 150mg/dl以上

高脂血症、脂質異常症の症状

自覚症状はほとんどありません。

しかし、放っておくと、さまざまな合併症を起こす可能性があります。

高脂血症、脂質異常症の合併症

悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪が高い場合や、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低いと、コレステロールが血管の内側にたまってしまい血管が狭くなったり、詰まったりします(動脈硬化)。

動脈硬化により、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などの病気がおこります。

このような病気を予防することが、高脂血症、脂質異常症の治療の目的です。

高脂血症、脂質異常症の管理目標

高脂血症、脂質異常症の治療の目標は動脈硬化を防ぐことです。

動脈硬化は、高脂血症・脂質異常症だけで起こるわけではありません。

ほかに、次のような状態で動脈硬化が起こりやすくなります。

動脈硬化の危険因子

  • 加齢(男性は45歳以上、女性は55歳以上)
  • 高血圧
  • 糖尿病(耐糖能異常を含む)
  • 喫煙
  • ご家族に狭心症、心筋梗塞になった方がいる場合
  • HDL-コレステロールが40mg/dl未満

高脂血症、脂質異常症の管理目標値

上にあげた動脈硬化の危険因子をいくつ持っているかで、下記のような目標値になります。

高脂血症、脂質異常症の管理目標値
カテゴリー脂質管理目標値(mg/dl)
危険因子の数LDL-CHDL-C中性脂肪
Ⅰ(低リスク群)160未満40以上150未満
Ⅱ(中リスク群)1~2140未満
Ⅲ(高リスク群)3以上120未満
狭心症、心筋梗塞を持っている方100未満

(LDL-C;LDL-コレステロール、HDL-C;HDL-コレステロール)

ただし、糖尿病、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症をお持ちの方は、上記のカテゴリーⅢ(高リスク群)とすることになっており、LDL-コレステロールの目標は、120mg/dl未満です。

高脂血症、脂質異常症の治療

食事療法と運動療法

まずは、食事のコントロールと運動です。

食事のカロリー摂取が多い方は、適正なカロリーに抑えます。

LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が高い方は、コレステロールの摂取量を抑えます。

卵はコレステロールを多く含みます。その他、たらこ、いくら、ししゃも、レバー、バター、生クリーム、ラード、肉の脂身などを控えめにします。

中性脂肪が高い方はアルコール、単糖類を制限し、炭水化物を取り過ぎないようにします。

食事のコントロール、運動で改善しない場合は、お薬で治療することにより、動脈硬化を予防することができます。

コレステロールは体内でも作られる

血液中のコレステロールは食事で摂ったものばかりでなく、肝臓でも作られています。

従って、食事を気をつけても、なかなかLDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が下がらない方がいらっしゃいます。

そのような方は、お薬でLDL-コレステロール(悪玉コレステロール)を下げることにより、動脈硬化を予防することができます。

高脂血症、脂質異常症を良くするお薬

食事や運動の生活習慣が改善できない場合や、生活習慣を改善しても脂質異常が改善しない場合は、動脈硬化が進む危険性が高くなっていくので、お薬で治療をします。

高脂血症、脂質異常症のまとめ

高脂血症、脂質異常症は、LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪が高くなったり、HDL-コレステロール(善玉コレステロール)が低くなる病気です。

放っておくと、動脈硬化が進み、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などの病気になってしまいますが、食事、運動、お薬で治療することにより、動脈硬化を予防することができます。

動脈硬化は高脂血症だけでなく、高血圧、糖尿病、喫煙でも進みますので、あわせて治療することが大切です。

当院での高脂血症、脂質異常症の診療

高脂血症の治療の目的は、動脈硬化を防ぐことです。

高脂血症のほかにも、動脈硬化を起こしやすくする原因(高血圧、糖尿病、糖尿病予備軍)がないか、早期発見するように努めております。高血圧、糖尿病、糖尿病予備軍が見つかった場合は、これらもあわせて治療をするようにしております。高脂血症、高血圧、糖尿病、糖尿病予備軍は、私の専門分野です。

現在、動脈硬化が進んでいないかどうか調べるために、下記検査を必要に応じて、または、ご希望に応じて行っております。

動脈硬化を調べる検査
血圧脈波検査(CAVI;Cardio Ankel Vascular Index)全身の血管の動脈硬化がわかります
足関節動脈・上腕動脈血圧比足の血管の動脈硬化がわかります
頚動脈エコー頚動脈(首の血管)の動脈硬化がわかります
心電図狭心症、心筋梗塞がわかります

TEL 0467-40-4976 診療時間 9:00~12:00/15:00~18:30(土曜は9:00~13:00)休診日 木曜・日曜・祝日

PAGETOP
Copyright © やまもと内科クリニック All Rights Reserved.